<スポンサードリンク>

2009年03月12日

わたしの好きな俳優さん

わたしが大学生のときにテレビ局でアルバイトしたことがあったんですね。
六本木にあったテレビ局、もうこの辺でわかっちゃうから特定はしないで欲しいけれど・・・で、テレビはいいドラマなどあれば観る。

そんなわたしの好きな俳優の一人に渡瀬恒彦さんがいます。

少し前でいうと、NHK朝の連続ドラマ「ちりとてちん」で落語家の師匠役で出ていました。
彼はかの俳優、渡哲也の実の弟だ。しかしながら、この二人、似て非なる俳優のタイプだ。わたしの好みでいくと断然渡瀬恒彦なのだ。

わたしはどちらかというと俳優の技術というか、役に徹する素材感を出していく俳優が好きだ。
つまり演じている人が誰だかわからなくなってしまうくらい見事な親近感とリアル感を出せる俳優が好きだ。

そこで考えると実のお兄さんである渡哲也さんは何を演じても「渡哲也」という俳優が「演じている配役」から抜け出せない、大根役者を地でいく。
一方弟の渡瀬恒彦は抑え気味な演技とキャラ作りを徹底することができ、どんな役でもさらりとこなす。

決して「渡瀬恒彦」が演じている「落語家」にはならない。
だからこの人の演じるキャラクターの豊富さは兄の渡をはるかにしのぐ。アル中のダメ男を演じることもできれば、ヤクザの大幹部を演じることもできる。

ただ、器用さは俳優に必ずしも必要な要素ではないのだとあらためて感じることがある。
というのもキャラ勝ちしているのはこれは兄の渡のほうが弟よりぬきんでているからだ。

皆さんはどちらのタイプの俳優が好きですか??????



Posted by ガッキーユイ at 06:10

<?=$this->translate->_('削除')?>
わたしの好きな俳優さん