<スポンサードリンク>

2009年03月28日

バリの日常生活

バリの日常生活には、イスラム教やヒンズー教の教えが深く根付いています。当然それは食事のマナーにも大きく影響しています。

バリを訪れた際に注意しなければならないことのひとつとして、左手の扱い方があります。
左手は「不浄の手」です。握手をしたり、左手で小さな子どもの頭をなぜたりすることはご法度です。食べ物を持つことも避けるべきです。

インドネシア料理の食べ方は、フランス料理のようにナイフやフォークをきちんと使うといった肩肘をはる必要はありませんが、
フォークとスプーン、ときには手を使って気軽に、楽しく食べるのは基本です。

ただし、あくまで手は「右手」ということを忘れずに!
フォークとスプーンの使い方は、スプーンを右手にナイフ代わりにします。左手にはフォークです。料理はスプーンで切ればいいのです。
料理を口に運ぶときには、フォークの背に料理を載せるようにします。インドネシアの料理を食べていて思うこと! 手で(右手)食べると本当においしい!!

料理は味覚、臭覚、視覚、そして舌触り・歯ごたえ・・・そしてもうひとつ、手の感触もあったんだな、と素朴に感動しますよ! 
自分の手で食材の感触を生で味わう感覚をもう一度取り戻してみるのもいいものです。

あくまで楽しく、いっしょになった人たちとわいわいがやがや時間をともにする楽しさを満喫することがいちばんのご馳走であり、いちばんのマナーかもしれませんね。



Posted by ガッキーユイ at 21:54

削除
バリの日常生活