<スポンサードリンク>

2009年03月13日

女優というと

ずっと、テレビネタとか音楽ネタとか続いたので、今日もその流れでごかんべん・・・思いつきだすと書きたくてしょうがない性分なんですもの(笑)

わたし、女優というと観月ありさのファンなんですよね。他にも好きな女優さんいますけど・・・
わたし、芸能人て作られた存在だから、見た目もキャラも、だからそんなに誰がどうのこうのとはほとんどならないのだがこの人だけは別で15年くらいファンのままでいる。
コンスタントにドラマの主役を継続できている数少ない女優だ。今やアイドルではないだろう。年齢からいっても。

彼女は自分のキャラで売ることをやめて確実に演技力で女優にシフトしつつある人だと思う。
だから、人気女優ランキングだの好きな芸能人などになるととんと上位に名前は挙がってこない。

このことが彼女を息の長い女優たらしめていると思う。きちんと役作りができるので劇中に観月ありさは存在しない。
演じられたキャラを前面に出すことに成功している。

脚の長いモデル上がりの演技もろくにできない”お人形さん女優”は、他にもたくさんいるが20代も後半を過ぎたときに
彼女も相当いろんな葛藤があったり悩んだりしたのではないかと思う。なにしろ親近感が全くないルックスやスタイルは逆に彼女を苦しめたに違いない。

去年の今頃やってた好評だったドラマ「斎藤さん」。
普段コミック読まないからテレビで初めて見たし、アンチヒーローは面白かったですね。
やはり観月ありさ、その人はそこにはいない感じがするくらいいい感じ出してたんじゃぁないかなと思う。
ストーリー展開は初回としてははまずは大げさな展開で全体のバックグランドをわからせなきゃいけないからああいうかんじでいいと思う、
わかりすぎると次の展開が見え見えでしらけるし、わからなすぎると次は見てもらえないしだから。

その昔、緒方拳さんと蟹江敬三さんは本当に人をあやめたことがあるんじゃないだろうかと思うくらいその演技力に震撼したことがある。
あんまり関係ないけど。。。(笑)



Posted by ガッキーユイ at 23:07

<?=$this->translate->_('削除')?>
女優というと