<スポンサードリンク>

2009年02月28日

夢を見た。ありがたかった

昨日、幸せな夢を見た。ありがたかった。
 わたしがマグロで一本釣りで釣られてしまったの。

体にギャフを打ち込まれて痛いのなんのって、釣り上げられて息はできなくなるわで、死ぬかと思った・・・死んだ。
でも、傷を治療してくれるのかと思って白い冷たい部屋に入れられ傷が冷えてきて、痛みが和らいだ。

でも何だか傷の痛みもさることながら眠気がこみ上げてきて、ついうとうと・・・隣の仲間もすやすや眠り始めた。
ぼくもあの痛みかが和らぎつつ何だか本当に眠くなってきた。

目が覚めたらそこには尾っぽをちょん切られたわたしを上から眺めている自分に気づく。わたしが二人いる ?

いや、自分を見下ろしている自分はさっきの釣り上げられた傷はどこにも無い。いたって健康。

でも大勢の人間の前に引きずり出されたわたしは動かない。みんなが喜ぶ中、僕が切り刻まれていく、いや、僕じゃないのかもしれないがでも確かにわたしだ。

どわーーーっと真っ二つにされていく、痛みは全く無い。だってふわりと浮いてわたしここにいるから。
わたしの体が人間を喜ばせているのだと知った。これを食べるとおいしくて幸せになるらしい。

もっとたくさん体があればあれもこれもと投げ出してやりたい気持ちになったよ。

人間は自分の体を差し出して他人を幸福にすることはできないし、栄養を付けさせてやることもできない。

一晩だけだけどマグロになれてよかった人間の気持ちのままマグロになって人間のままじゃできない他人を喜ばす追体験をすることができた。
この点に関しちゃあ僕たちの口に入り生きる糧となるもの全てに人間はかなわないねぇ。ありがたかった。全ての食べ物に感謝。




Posted by ガッキーユイ at 22:04

削除
夢を見た。ありがたかった