<スポンサードリンク>

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2009年03月02日

サンドウィッチマンのお二人を

今日、ひさしぶりにお笑いのサンドウィッチマンのお二人を見ました。実はめちゃくちゃ好きなんです、このお二人。

サンドウィッチマンは面白いと思います。キャラ勝ち出来る二人でないことは見ればわかるんですけど、
そのことがかえって彼らに本当に芸を磨くことはどういうことなのかを教えたのではないかな、なんて、お二人の下積みの長さ聞くと思えてくるんですね。
 
ボケのほとんどは“空耳”系のボケだが突っ込みやすい着地点が用意周到になされているのでテンポを崩さないどころか加速させる妙味を持っています。
えらそうな事かいちゃいましたけど、タカアンドトシをもう少し巧妙にした感じでしょうか・・・
 
特にM-1で観た「マックの店員」はすごくよかったです。語呂、空耳系が韻を踏んでいてラップみたいな小気味よささえ感じます。

「ご注文繰り返します」→「厨房を振り返ります」みたいな・・・

これから、いかにキャラも合わせて売っていくかということになると思うんですけど、まだまだ弱い気がするのはわたしだけ?

そこへいくと2004年M-1GPのアンタッチャブルの山崎さんはやはり稀有な存在といえると思いますね。
突っ込みの柴田さんもいいし。。。お互いの役割をきちんと知っていてキャラのいいところを引き出しあっているかんじがします。

柴田がヤンキーキャラで突っ込めるような山崎の天才的ボケは他の追随を許さないってとこですかね。

チュートリアルはまた全然違うがアンタッチャブルほどではないけど二人のキャラはお笑いにあって十分な存在感を感じさせてくれます。
チューはキャラ売りよりもっとネタ作ったほうがいいように思う、長く売れるなら・・・。徳井さん人気あるんだから。

  


Posted by ガッキーユイ at 23:55